FC2ブログ

プロフィール

とよまるGT

Author:とよまるGT
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/12/30 (Sun) 18:41
UIP日本支社、あす37年の歴史に幕 映画への思い胸に去りぬ

米国の人気映画を配給してきたユナイテッド・インターナショナル・ピクチャーズ(UIP)日本支社が三十一日、閉鎖される。従業員は全員解雇されるが、解雇手当に当たる特別退職金や、グループ会社への希望者の雇用継続をめぐる労使交渉は越年が決定。道内配給にもかかわった札幌出身の二人も、映画産業再編の中で現場を去る。

 UIPは、米大手映画会社パラマウントとユニバーサルが一九七○年、北米以外の配給のため共同設立したCICが前身。後にMGM、ユナイトなどの配給業務も受託、八五年にUIPに改組した。

 配給作品は「ジョーズ」「バック・トゥ・ザ・フューチャー」「ゴッドファーザー」「ロッキー」「ジュラシック・パーク」「不都合な真実」など八百八十本に及んだ。

 だが、二○○○年以降、MGM、ユナイトなどが相次ぎ離脱。パラマウントとユニバーサルは各国のUIP支社を再編し、今年六月、日本支社を年内解散して今後ユニバーサルが東宝東和、パラマウントは新設の子会社で配給すると発表した。

 UIPの定年は六十五歳。営業部課長で札幌出身の品田義次郎さん(59)は「スピルバーグ監督の『E.T.』(八二年、興行収入百五十億円)など八○年前後から出す作品がヒット、仕事が楽しかった。まだ働きたかったが」とため息をつく。

 品田さんは元ユナイト社員。ユナイトがUIPへの業務委託で日本支社廃止の際に解雇され、労働争議でUIP札幌支社への雇用継続を認めさせた。

 その札幌支社も二〇○○年に閉鎖となった。この時も労使交渉で全員解雇の方針を撤回させ、本社に残った。「映画が好きで続けてきたが、今回は札幌に家族を残した単身赴任だし、辞めることにした」と寂しそうだ。

 同じく札幌支社から配転した経理部の吉田真理さん=札幌出身=も解雇に応じた。「入社して、UIPのバッジを着けた時はうれしかった。とても誇りでした。すっきりしない形で会社が終わるのは残念」と話している。

 UIP従業員が加盟する産別労組「全日本洋画労組(全洋労)」と会社側との交渉は二十八日、両者の条件が折り合わず、平行線のまま新年に継続されることになった。

2007/12/26 (Wed) 16:13
トラックと衝突 乗用車の男性死亡 札幌市南区

二十六日午前六時三十五分ごろ、札幌市南区石山一の三の国道で、同区川沿一五の二、会社員武井徹さん(20)の乗用車と同市白石区菊水元町四の一、運転手寺島義春さん(56)のトラックが正面衝突し、武井さんが胸などを強く打って間もなく死亡した。

 札幌南署の調べでは、現場は石山大橋上で、路面は圧雪アイスバーン状態だった。同署は武井さんが対向車線にはみ出したとみて調べている。

2007/12/22 (Sat) 11:59
カウボーイ 滝川店を年内で閉店

食品スーパーのカウボーイ(札幌)は二十一日、不採算になっている滝川店(滝川市北滝の川)を三十一日の営業をもって閉店する方針を明らかにした。昨年から証券会社主導で再建に取り組んでいる同社は、店舗の見直しを進めて経営立て直しを急ぐ。

 閉鎖する滝川店は一九九四年の開店。売り場面積千四百平方メートルの食品を中心に販売するスーパーで、約三千八百平方メートルの売り場をもつ商業施設の核店舗。

 当初年間売り上げ目標を約十億円としていたが、競合他社の出店などで約七億円に落ち込み赤字になっていた。閉店に伴いパート二十九人全員を解雇する。

 同社の札幌を除く店舗は苫小牧、浦河、上磯、恵庭の四店。二○○七年九月期には五年ぶりの経常赤字に転落するなど経営環境の厳しさは増しており、今後は札幌を中心に店舗改装を進める。

2007/12/17 (Mon) 11:02
日本ハム稲葉が恒例のゴルフ場自主トレ

日本ハム稲葉篤紀外野手(35)が、恒例のゴルフ場自主トレを行う方針を明かした。例年、年明けから佐賀県内にあるコースを利用し、ロッテ代田、横浜野中らと合同練習を行っている。アップダウンを利用して走り込みなどによる集中的な下半身強化などが狙いで、昨季も行い、今季は首位打者を獲得した験のいい場所。「多分、今年も同じになると思う。いつも通りだよ」と話していた。

2007/12/14 (Fri) 14:41
オープン戦日程決まる 初戦は3月1日の横浜戦

来春のオープン戦日程が13日、発表された。日本ハムの初戦は、3月1日に沖縄・名護で行われる横浜戦。2日に北谷で中日と戦った後、3月5、6日に札幌ドームで今季まで日本ハムのGMを務めた高田新監督率いるヤクルトを迎え撃つ。札幌開幕戦では、怪物ルーキーの中田翔(大阪桐蔭高)とヤクルトに入団した157キロ右腕の佐藤由規(仙台育英高)の初対決が見られるかもしれない。

 今年は札幌ドーム改修工事のため、札幌でのオープン戦は3試合と少なかった。移動が多く、選手からは体調管理の難しさを指摘する声が上がっていた。来年は11試合中5試合が札幌だ。「オープン戦の最初と最後は札幌でという要望を出して組んでもらった」と島田チーム統轄本部長。地元で体調を整えて、3月20日の本拠地開幕戦に臨む。

2007/12/12 (Wed) 11:02
共謀関係認めず 浅井学園流用、内妻無罪判決

学校法人浅井学園(札幌)の経費流用事件で、補助金適正化法違反や背任、業務上横領の罪に問われた浅井幹夫被告(59)は、懲役四年六カ月の実刑とした十日の札幌地裁判決を不服とし、即日控訴した。

 一方、嶋原文雄裁判長は、同日の判決で、業務上横領の罪に問われ、無罪を言い渡された浅井被告の内縁の妻の渡辺朋子被告(38)について、浅井被告らとの共謀や故意は認められないと認定した。

 判決によると、浅井被告は二○○一年から○五年にかけ、学園施設の壁面補強工事で、材料を減らして浮かせた工事費約五千二百万円を自宅改修費に充てた上、壁面工事を予定通り実施したと偽り、国の補助金約五千七百万円を不正に受給。さらに、知人らの車のリース代金約三百八十万円を学園経費から支払い、学園関連会社から給与名目で、渡辺被告に約八百万円を支出させた。

 渡辺被告の判決は、浅井被告が学園関連会社の社長=業務上横領罪で一審有罪確定=と共謀し、渡辺被告をこの関連会社が雇用したように装い、給与名目で約八百万円を支給し、横領したと認定。その上で渡辺被告が、浅井被告に対して行った一定の秘書的活動を、関連会社の利益と無関係だった事情を知らず、「就労の対価として給与を得ていたと認識していた疑いを否定できない」と結論づけた。

 渡辺被告の無罪判決について、札幌地検は「全くの予想外で、上級庁と協議の上、対応したい」とのコメントを出した。

2007/12/11 (Tue) 10:58
前理事長に懲役4年6カ月 内縁の妻は無罪 浅井学園経費流用 札幌地裁

学校法人浅井学園(札幌)の経費流用事件で、国の補助金を不正受給したなどとして、補助金適正化法違反、背任、業務上横領の罪に問われた前理事長浅井幹夫被告(59)の判決公判が十日、札幌地裁であった。嶋原文雄裁判長は、懲役四年六カ月(求刑・懲役七年)を言い渡した。

 浅井被告は、四件の事件で起訴され、公判では現金の流れについての事実関係は認めたが、「補助金の不正な受給や、私的な学園資金の支出を企てたことはない」などとして、無罪を主張していた。

 論告によると、浅井被告は二○○一年から○五年にかけ、学園施設の壁面補強工事で、材料を減らして浮かせた工事費約五千二百万円を自宅改修費に充てて学園に損害を与えた。また、壁面工事を予定通り実施したと偽り、国の補助金約五千七百万円を不正に受給した。

 さらに同被告は学園経費を横領し、知人らの車のリース代金約三百八十万円に充てたほか、学園関連会社でカラ雇用したとして内縁の妻で業務上横領罪に問われた渡辺朋子被告(38)に、給与の名目で約八百万円を渡した。

 嶋原裁判長はこの日、浅井被告への判決の一方、渡辺被告に無罪(求刑・懲役二年)の判決を言い渡した。

 一連の事件で、浅井被告の指示を受け、経費流用の実行役となった学園の元参与と元管財課長、建設会社社長は、いずれも一審の執行猶予付き有罪判決が確定している。

2007/12/10 (Mon) 12:22
上田が就職へアピールの2位/Sスケート

<スピードスケート:浅間選抜>◇2日目◇8日◇長野・松本市浅間温泉国際スケートセンター◇男子500メートル

 男子500メートルで上田志樹(21=明大-白樺学園高)が2回合計1分12秒25で2位に入った。2回目は高校の大先輩、清水との同走。「最初の100メートルで引っ張ってもらいました。滑りはめちゃくちゃだったけどタイムが出た」と苦笑いした。大学3年になり進路を決める時期にきた。「競技を続けたい。結果を出してアピールします」と意気込んだ。

2007/12/09 (Sun) 19:18
似鳥社長「選手の意欲向上を」 会見で強化費1億円発表

ニトリの似鳥昭雄社長は記者会見で「広告料2億円に加え、選手強化費として1億円を寄付します」と自ら発表した。札幌を運営するHFC側も、会見直前まで知らされていない突然のニュースだった。

 1億円は、《1》レベルの高い選手の採用《2》J1での順位に伴うボーナス《3》勝利給-の三つの場合にのみ使用する、という条件で寄付する。

 似鳥社長は会見で、「J1に上がっても、すぐJ2に下がってはおもしろくない。やるからには上位を目指してほしいし、選手のモチベーションが上がるように」と理由を説明した。また、HFCが累積赤字に悩み、綱渡りの経営が続いている現状を憂い「少しでも余裕がないと大変」とも語った。

 似鳥社長によると、寄付のアイデアは7日、札幌へ向かう飛行機の中で思いついたという。8日午前、電話で他の取締役に打診し、30分後に了承を得た上で、HFCの児玉芳明社長に持ちかけた。

 児玉社長は「大変びっくりしたが、大変ありがたい。少し早いクリスマスプレゼント」と喜ぶ一方、「しっかり強化に使わなければ」と気を引き締めていた。

 また、寄付金にした理由については、似鳥社長は「広告費に組み入れると計3億円となる。相場が上がり、他のスポンサーにも迷惑がかかる」と説明した

2007/12/08 (Sat) 11:48
全日空機がエンジン停止で緊急着陸

6日午後6時25分ごろ、新千歳空港を離陸した中部行き全日空714便ボーイング737で、2基あるエンジンのうち1基でトラブルが発生、同機はこのエンジンを停止して新千歳空港に引き返し、約30分後に緊急着陸した。乗客乗員計96人にけがはなかった。

 新千歳空港事務所によると、同機は午後6時15分に離陸し、函館上空を飛行中にトラブルが発生。全日空によると、右翼のエンジンで潤滑油の温度が高温を示し、下がらなくなったため、機長がエンジンを止めた。同社が機体を点検し、原因を調べている。

2007/12/07 (Fri) 20:30
道内IT企業4社 首都圏の20社に技術を売り込み

道内の情報技術(IT)企業による集団商談会「北海道IT企業・首都圏ビジネスマッチング」(道主催)が六日、東京・有楽町の札幌市東京事務所で開かれ、道内四社が自社技術を売り込んだ。

 大手からの受託開発に偏重する道内IT企業の企画提案力強化が狙いで、初の開催。この日は、人材紹介・派遣業向けデータ管理システムを製作するアイパス(札幌)などが、首都圏企業二十社の担当者を相手に、ソフトの仕組みや特長などを念入りに説明していた。各社の説明後には、個別商談会も行われた。来年二月にも別の企業による第二回が開催予定。
(北海道新聞 引用)

2007/12/05 (Wed) 11:21
道漁連が原油高で国にガソリン税免除要望

北海道漁業協同組合連合会や北海道などは4日、原油高で漁船の燃料や漁具の価格が上がり漁業経営を圧迫しているとして、ガソリン税の免除措置や漁船の省エネ機器を導入する際の補助を国などに要望することを決めた。5日に要請文を水産庁や北海道選出国会議員に提出する。

 道漁連によると、漁船で主に使用する燃料のA重油の価格は2004年1月に1キロリットルあたり約4万2000円だったのに対し、今年12月現在で約8万2000円とほぼ2倍になった。道内の漁業関係者は約2万人いるが、04年度からの累計で約194億円の負担増があったという。

 記者会見した道漁連の桜庭武弘代表理事会長は「燃料価格の急激な高騰で漁業経営は極めて厳しい状況。もはや自助努力の限界を超えており、死活問題になっている」と窮状を訴えた。

(日刊スポーツ 北海道版 引用)

2007/12/04 (Tue) 22:47
商機は「韓流」にあり 札幌の日本グローバリー社 道内中小企業の輸出入を支援へ

韓流ブームに乗って商機をつかんで-。輸出入仲介の日本グローバリー社(札幌、塩谷浩之介社長)は、道内中小企業が製造した道産品を韓国に売り込む事業を本格化させる。同時に、韓国の物産を輸入して道内中小企業に販売してもらう事業にも乗り出す。道内景気の低迷で業績不振に悩む中小企業に、韓国市場の開拓を通じて収益機会を広げてもらう。

 日本グローバリー社は二○○四年から旅行代理業・輸出入業の日韓トラベル(東京)と組み、医薬品大手、第一三共の子会社の北海三共(北広島)が製造した健康補助食品を韓国に輸出している。

 今後は、輸出品目をワインやビーフジャーキーなど農畜産物やコンブなど水産加工品、家具など工芸品にも広げたい考え。自社製品の輸出を希望する中小企業を道内から広く募る。

 輸入については当面、韓国内で定評のある高麗ニンジン、韓国ノリ、韓国茶などの高級品を調達し、事業多角化を目指す道内企業に販売代理店となってもらい各地で販売してもらう。

 輸出入とも実際の業務については日韓トラベルが行い、初年度は輸出五千万円、輸入五千万円程度見込んでいる。

 問い合わせは日本グローバリー社(電)011・665・2120へ。

(北海道新聞 引用)

2007/12/03 (Mon) 11:10
雨の中、3千人が祝福 宮の沢サッカー場

サッカーJ2コンサドーレ札幌の六年ぶりのJ1復帰とJ2優勝を祝う「羽ばたけ! J1勇者とサポーターの集い」が一日、札幌市西区の「宮の沢白い恋人サッカー場」で開かれ、雨の中集まったサポーター約三千人が、三浦俊也監督や選手らを祝福した。

 同サッカー場前の道道約二・五キロを「コンサ通り」と名付け、地域おこしに取り組む町内会や商店街でつくる「西町・コンサ通りまちづくり」実行委が主催。

 集いでは、サポーターから名前をコールされた選手がライトを浴びて一人ずつ小走りで登場。手を振ったり、コンサグッズをスタンドに投げ込みながらグラウンドを回り、歓声に応えた。

| ホーム |

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。