FC2ブログ

プロフィール

とよまるGT

Author:とよまるGT
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/01/29 (Tue) 10:04
ピリ辛チョコいかが 札幌グランドホテル

バレンタインデーを前に、札幌グランドホテル(札幌市中央区)は、わさびなど和の風味を生かしたチョコレートの詰め合わせの予約受け付けを始めた。

 「和と洋のマリアージュ(結婚)」をテーマに、純米酒入りチョコセットとともに商品化。わさびのほか、みそや唐辛子味など十種類入り。

 一箱三千百五十円で三十箱限定。井上政美副料理長は「もらった男性も『吟味してくれた』と分かる味」と、辛口そうだが、実は甘い“恋のキューピッド”に太鼓判を押す。

2008/01/25 (Fri) 17:25
コストコが清田に開店 札幌倉庫店

外資系総合量販店として道内初進出となるコストコホールセール札幌倉庫店=札幌市清田区=が二十五日、オープンした。「会員制卸売り量販店」という独自の営業形態を採用しており、午前八時の開店前から年会費を支払った消費者らが入り口前に列をつくった。

 同店は米量販大手コストコ・ホールセール(シアトル市)の日本法人が運営し、国内七店目となる。

 開店前のセレモニーで渡辺誠司店長らがテープカットすると、詰めかけた数百人の買い物客らが無料配布された卵パックなどを受け取り、約一万平方メートルの売り場で大型カートを押しながら品定めをしていた。

2008/01/20 (Sun) 11:10
消えるロードヒーティング 札幌市中心部も 幌平橋、一条大橋など17区間

スパイクタイヤが規制された一九九○年代に整備されたロードヒーティングが、相次いで消えている。年間十億円の維持管理費を削減するため、札幌市は二○○二年度からロードヒーティングを順次停止している。これまでは渋滞の恐れが比較的少ない郊外の道道、市道が中心だったが、今冬は幌平橋、一条大橋(中央区)付近の交差点など十七区間を停止。「脱ロードヒーティング」の流れは、いよいよ市中心部に及ぶことになった。

 ロードヒーティングはスリップ防止に効果があり、スパイク規制をきっかけに幹線道路の交差点、歩道橋で急増。現在、市内では三百十区間の車道でロードヒーティングが稼働している。

 しかし、ロードヒーティングは維持費がひと冬で一平方メートル当たり三千五百円と高額で、寿命は十五-二十年ほど。「脱スパイク」で新設された区間では、多額の改修費がかかる見通しとなり、市は○二年にこう配が6%以下の八十四区間を順次停止することにした。

 渋滞、事故を防止するため、市は交通量が比較的少ない区間から着手したが、「スタッドレスタイヤの品質向上などで影響が少なかった」(市雪対策室)ため、今冬は幌平橋、一条大橋など豊平川付近、道道札幌環状線など市中心部の停止に踏み切った。

 一方、停止した区間を含めた車道では、普通は一日一回散布している凍結防止剤を四回にするなど、管理体制を強化。それでも、維持費は三割削減できるという。

 ドライバーの反応は複雑だ。豊平区の会社員男性(57)は「怖くて車に乗れない。経費削減は仕方がないが」。市雪対策室によると、これまでロードヒーティング停止による苦情はないといい、「こまめに除雪もしている。ロードヒーティングという『点』から、路面管理の向上という『線』を強化した」と説明している。

2008/01/15 (Tue) 11:04
マイコンカー快走 札幌でラリー全国大会

自作のマイコンカーの走りを競う「ジャパンマイコンカーラリー2008」全国大会(全国工業高校校長協会など主催)が十三日、札幌市北区の札幌国際情報高校で開かれた。

 道内の工業高の教諭らの発案で一九九六年に始まり、毎年札幌で開催。今年で十三回目で、高校生の部に道内の八校、二十台を含む全国から六十八校、百二十台、一般の部に百台が参加した。

 マイコンカーは全長約三十センチで、一・五センチ四方のマイコンを組み込んだ自走式。幅三十センチ、全長六十メートルのコースを、いかに速く、正確に走るかを競った。車はコース中央の白線をセンサーで読み取って走る。道内勢は上位入賞こそならなかったが、見事な走りで完走すると、会場には歓声と拍手が起きていた。

 各部の優勝は次の通り。(敬称略)

 【高校生の部】池田竜(香川県立三豊工業三年)

 【一般の部】番土隆(富山県・砺波マイコンカークラブ)

2008/01/11 (Fri) 18:20
流氷、紋別沖200キロに 一管本部が初観測

【小樽】第一管区海上保安本部(小樽)の航空機が九日、紋別市の北東約二百キロ付近のオホーツク海上を南下している流氷をこの冬初めて観測した。昨年の同時期と比べ、九十キロほど北にある。

 同本部千歳航空基地の航空機が、同日午前十時五十分から二時間ほど観測を実施。氷はサハリン東岸にある流氷域本体から分離したもので、大きさは南北方向に約六十キロ、東西方向に最大二十キロ。直径二十メートルほどの板氷や、板氷がさらに細かくなった砕け氷で構成されている。

 札幌管区気象台によると、今冬は平年に比べて冬型の気圧配置が弱く、寒気の流入も長続きしない状態だという。ただ、沿岸から肉眼で見える「流氷初日」は平年並みの一月下旬、接岸は二月上旬になると予想している。

2008/01/07 (Mon) 11:00
苫小牧市役所とトヨタ自動車に アイスホッケー全日本・道予選決勝

【旭川】アイスホッケーの第75回全日本選手権道予選第2日は5日、旭川大雪アリーナで準決勝と敗者戦を行い、苫小牧市役所が釧路厚生社を5-4で、トヨタ自動車北海道センチュリーズ(苫小牧)が札幌ポラリスを9-0で下し、それぞれ決勝に進んだ。最終日の6日は決勝と3、5位決定戦を行う。

2008/01/03 (Thu) 11:23
元労組幹部100人超仲介? 障害手帳疑惑 「報酬は受領せず」

【芦別、赤平】聴覚障害の身障者手帳申請で札幌市の耳鼻咽喉(いんこう)科医(72)の診断書に虚偽記載の指摘が出ている問題で、一九九四年に閉山した住友赤平炭鉱の下請け会社の元労組幹部(67)が社会保障制度を学ぶために元炭鉱マンを集めてサークルを結成し、この会を中心として芦別、赤平両市の手帳申請者を増やしていった疑いのあることが、三十一日分かった。元労組幹部は、両市を中心に百人を超える申請者を取りまとめたとされ、申請の際の「着手金」や身障者手帳交付などに伴う「成功報酬」のやりとりにもかかわっていた。

 この元労組幹部は芦別市在住で、今回の問題に絡み、札幌の耳鼻咽喉科医への送迎と、手帳申請手続きを代行していた札幌の社会保険労務士(66)との連絡を担当した、取りまとめ役の一人。住友赤平炭鉱の下請け会社に勤め、閉山時に下請けの坑内員たちが結成した労組の幹部だった。

 二○○○年に元炭鉱マンと労災や福祉などの制度について学ぶ「障害者交友会」を発足させ、代表に就任した。最盛期の会員は約四十人で、労組員の労災申請を通して知り合ったこの社労士を招き、勉強会を開催していた。

 元幹部は、サークル結成と相前後し、問題の耳鼻咽喉科医の診断で聴覚障害で最重度の二級の身障者手帳を受けた。

 複数の関係者によると、元幹部はサークル会員を中心にその家族や知人を含めた多数の手帳申請を取りまとめていたという。元会員の男性は「(元幹部は)正常に耳の聴こえる会員に対しても聴覚障害の身障者手帳を取るよう何度も誘い、耳に障害のない多くの会員が身障者手帳を持つなど、この会が申請を広げる場になっていた」と話す。

 道などの調査で、問題の耳鼻咽喉科医師が関係した手帳交付者は○二年度以降、全道で五百九十人に上る。社労士は元幹部からの紹介者数について「芦別、赤平以外の人も含めると○三年以降、約百人いる。それ以前を加えると百数十人になる」と証言する。

 元幹部が取りまとめた申請者数は、空知管内に複数いる取りまとめ役の中でも最大規模になるとみられる。

 元幹部は、身障者手帳や障害年金の申請手続きで申請者が社労士に支払う金銭の集金も担当。複数の関係者は、申請者は元幹部に着手金を一人当たり数万円、成功報酬同数十万円を渡していたとしている。一方、社労士は「着手金や成功報酬は受け取ったが、十万円を超える成功報酬を得たことはない」としている。

 これに対し、元労組幹部は身障者手帳申請の取りまとめ行為を認めた上で「仲介したのは二十七、八人で、百人ということはない」と否定。聴覚の正常な会員に手帳申請を勧めたとされることについては「何年も前のことで覚えていない」、社労士との金銭のやりとりに関しては「着手金や成功報酬などを集めたことはあるが、全額を社労士に渡し、自分は受け取ってない」と話している。

| ホーム |

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。