FC2ブログ

プロフィール

とよまるGT

Author:とよまるGT
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/02/26 (Tue) 10:31
道内大荒れ 新千歳空港で136便欠航 2千人が夜明かす

急速に発達した低気圧の影響で、道内は二十三日午後から日本海側とオホーツク海側を中心に大荒れの天気となり、新千歳空港で計百三十六便が欠航するなど、交通機関に大きな乱れが出た。

 札幌管区気象台によると、二十四日午前零時までの二十四時間の降雪量は、後志管内寿都町で四五センチ、宗谷管内枝幸町で四四センチ、後志管内黒松内町で四三センチを観測。日本気象協会北海道支社によると、札幌市の積雪量は午前零時現在で一○一センチに達し、今季最高を更新した。岩見沢市では、二十三日午後六時五十八分、最大瞬間風速二七・五メートルを記録した。

 新千歳空港では羽田や仙台などへの出発便七十便、中部や稚内、広島などからの到着便六十六便が欠航。約二千人が同空港内で夜を明かした。丘珠や女満別、函館、帯広の各空港でも欠航が相次いだ。道内発着のフェリーも、ハートランドフェリーの稚内と利尻・礼文を結ぶ六便と江差発奥尻行き一便、新日本海フェリーの苫小牧発敦賀行きと、東日本フェリーの室蘭発青森行き各一便が欠航した。

 JRは二十四日午前零時現在、列車の進路を切り替えるポイントが動かなくなるなどの運行障害が道央圏を中心に断続的に発生し、普通列車百十本が運休したほか、特急八本に一時間四十分以上の遅れが生じ、約一万六千人に影響が出た。

 道警交通管制センターによると、吹雪の影響で午前零時現在、道央道など高速道五路線六区間、国道一路線二区間、道道十一路線十一区間が通行止め。また、国道36号など主要幹線道路は二十四日未明まで渋滞が続いた。

 同気象台によると、二十四日は雪と風はやや弱まる見通し。

2008/02/20 (Wed) 12:08
軽い内容でリラックス 熊本合宿(18日)

熊本で合宿中の札幌は18日、熊本県民総合運動公園陸上競技場で午前のみ約1時間半、ランニングなどを行った。

 前日に韓国・水原三星との練習試合(45分×4回)をこなしたことを考慮し、予定していた午後の練習を行わなかった。

 手を使わず足や頭で行う「サッカーバレー」では、笑い声がグラウンドに飛び交い、リラックスした雰囲気。松井清隆コーチは「きのう練習試合で負けたので、楽しい練習で気持ちを切り替えさせる狙いもある」と語った。ただ、全体練習終了後、居残りでFKなどの練習に汗を流す選手も多かった。

 また、コンサドーレ札幌ユースU-18のFW鶴野太貴がこの日から合宿に参加した。約2週間、一緒に練習する予定。右足首を痛めていたDF西沢は、札幌で再検査を行うため17日、熊本を離れた。

2008/02/16 (Sat) 16:51
今季のクラブスローガン 「前進」を願い「プログレス」

J1札幌を運営する北海道フットボールクラブは15日、今季のクラブスローガンを「Progress(プログレス)」と決めた。

 「前進」という意味で、6季ぶりのJ1復帰に満足せず、一層躍進できるようサポーターやスポンサーも含めたクラブが一丸となり、新たな一歩を踏みだそうという願いを込めた。

2008/02/11 (Mon) 10:18
2万1948個のキャップ回収 エコカムイデー

道新スポーツとレラカムイの主催で、「エコカムイデー」を実施した。ペットボトルのキャップを50個以上持参した人に、29日に札幌で行われるパナソニック戦のチケットをプレゼント。受付会場では、佐藤濯主将がキャップ回収を手伝った。この日382人が持ち込んだキャップ総数は2万1948個。7日までに、オフィシャルショップ「On The Court」に持ち込まれた2万5810個と合わせ、4万7758個が集まった。キャップはポリオワクチンの購入資金にあてられる。

2008/02/06 (Wed) 10:13
札幌の百貨店でバレンタイン商戦熱気 一流チョコ職人/せんべいも登場

十四日のバレンタインデーをにらんだ道内百貨店の商戦が例年になく熱を帯びている。昨秋以降の相次ぐ生活必需品の値上げで個人消費が冷え込む中、若い女性らの財布のひもが緩む数少ない大イベントだからだ。各店は有名菓子職人のチョコレートの品ぞろえを充実させるなど、女性客の囲い込みに懸命だ。

 丸井今井札幌本店は六日から十四日までの期間、業務提携先の伊勢丹の協力で、フランスのチョコレートの祭典「サロン・デュ・ショコラ」を昨年に続き誘致。十一カ国から六十九ブランドが集まり、期間中十万人の来場を見込む。

 五日夜の先行公開には抽選で招待された約二百人が来場。ショコラティエ(チョコ職人)の第一人者、ジャン=ポール・エヴァンさんらのトークショーも行われ、会場は“一流の味”を買い求める女性客でにぎわった。

 ライバルの大丸札幌店は、道内在住の洋菓子職人による品ぞろえを強化。三越札幌店は主力のほかハート模様が入ったかまぼこ、幅二十五センチのハート形大型せんべいなどを用意した。

 「二月のチョコの売り上げと年間の個人消費には相関関係が認められる」とのリポートを昨年発表し注目された日本総合研究所の山田久・主席研究員は「流行や世の中のムードに敏感な女性の消費行動パターンが象徴的に現れるバレンタイン商戦は、個人購買意欲の先行指標」と指摘する。

 道内主要百貨店の昨年の売上高は前年比4・1%減。特に後半は生活必需品の相次ぐ値上げで、得意とする高額商品の消費がめっきり落ち込んだ。こうした中、バレンタイン商戦は他の売り場への波及を狙う絶好のチャンス。丸井今井は「九階特設会場で展開するサロン・デュ・ショコラには下の階への“シャワー効果”があり、婦人服の売り上げが伸びる効果も」とそろばんをはじく。

2008/02/02 (Sat) 11:03
「大判」風に吹かれて 積丹で寒ノリ漁本格化

【積丹】岩場の寒ノリ漁が本格化した後志管内積丹町日司(ひづか)地区で大判のノリ作りが行われている。

 漁は一月十三日に始まったが、資源保護のため二月末までの計二十日だけ行う。今年は漁模様が悪く、一回に一人で例年の半分の五キログラム程度しか採れないという。

 前浜で摘み取ったノリを真水で洗って砂を取り除き、ススキで作ったすだれに敷き詰める。まず、幅の広いノリを縦横約六十五センチの大きさに敷き、細いノリですき間を埋める。寒風に数時間さらし水気を切り、室内で四日間ほど乾燥させる。

 ノリ漁歴四十年以上の大坂ノブさん(67)は「昔は倍の大きさだったけど、重くて大変だから半分の大きさにしたんだよ」と手を真っ赤にして作業を続けた。昔ながらの浜の味覚は、漁業者らの直接販売のほか、札幌の料理店にも送られる。

| ホーム |

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。