FC2ブログ

プロフィール

とよまるGT

Author:とよまるGT
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/10/22 (Mon) 11:03
日ハム戦中継解説 元近鉄捕手・光山さん ラーメン「横丁」で勝負

プロ野球近鉄バファローズの元捕手で、通信衛星(CS)放送で北海道日本ハムファイターズ戦の解説者を務める光山英和さん(41)=大阪府堺市在住=が、札幌・ススキノのラーメン横丁に「札幌ラーメン酒場『けらあん』」を開いた。テレビ中継で来札を重ねるうちに、「空気がうまく、人もいい」と気に入った札幌での出店を決意。七月のオープン以来、地元客を取り込もうと工夫を重ねている。

 光山さんは一九八四年に近鉄に入団し、野茂英雄投手とバッテリーを組んだこともある。後年は巨人などでプレーした。二○○四年からは日本ハム戦の解説を担当し、綿密な取材と捕手の視点に基づいた分析に定評がある。

 一方で、大阪市内で飲食店四店舗を経営する実業家で、札幌出店にあたっては「どうせやるならど真ん中でやろう」と、ラーメン横丁を選択した。「けらあん」は、アイヌ語で「おいしい」の意味で、「北海道らしい名前を」と名付けた。

 「札幌にない味を」と、目玉にした「トマトラーメン」(八百五十円)は空知管内栗山町直送のトマトを用い、軽い酸味のスープが売り物だ。

 また、くしかつや大阪市生野区にあるコリアンタウン直送のキムチなど「浪速の味」も自慢。札幌に来れば必ず店に立ち寄り、自らアイデアを出して新しいメニューの開発も進める。

 日本ハムのパ・リーグ制覇で来札の機会は増えた。日本シリーズ進出を掛けた十八日の大一番も解説する予定で、「ダルビッシュと成瀬が投げ合うクライマックスシリーズ第五戦があることを望んでいた。最高の試合になるはず」と期待する。

 「けらあん」の営業時間は午後五時-午前五時。不定休。問い合わせは同店(電)512・7999へ。

(北海道新聞より引用)

<< ロシア側43人帰島 ビザなし日程終了 | ホーム | 解散にらみ自民、民主猛アタックも… 新党大地は等距離戦略 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。